オーディオ

ゼンハイザー MOMENTUM Free 左右一体型ワイヤレスイヤフォンをレビュー

私は、プレーヤー(演奏者)の躍動感が伝わってくるような音質好きです。そんな好みに合う1万円台のイヤフォンがないものかと、今あちこちを彷徨ってます。

そんななか、今回は、「SENNHEISER(ゼンハイザー)MOMENTUM Free M2 IEBT SW SE Amazon限定モデル」を購入。
全くの素人ではありますが、私なりの感想を書いてみたいと思います。
※あくまでも個人的見解ですが、、、

求めるイヤフォン像

今までは有線イヤフォンを使用。しかし、ランニング中ペースアップするとコードがブラブラ揺れて結構邪魔です。
ならばワイヤレスにと思ったのですが、耳の形やイヤフォンの重量で相性が全く合わなかったりします。

オーディオテクニカ。メモリ内蔵イヤホンATH-SPORT90BTの実力は如何に音楽プレイヤーを内蔵することでスマホやスマートウォッチが無くても音楽を聴けるカナル型ワイヤレスイヤホンのオーディオテクニカATH-SPORT90BT。メリット・デメリットをご紹介します。...

そこで、今回は、

  • ワイヤレスだが有線イヤフォンに匹敵する音質
  • 各楽器音およびヴォーカルが鮮明で、かつバスドラムやベース音が生々しく響く
  • 通勤およびランニングのどちらでも使える

こんなイヤフォンを探し中なのです。

ゼンハイザー MOMENTUM Freeを使ってみて

ランキングサイトや多くの方のレビューにあるよう全域に渡りかなり良い音です。

簡単に感想をまとめると

  • 低域から広域まで豊かで広がりのある音質
  • 楽器音やヴォーカルは艶やかで表現力を感じる
  • バスドラムやベース音もしっかり聞こえるが生々しさに欠ける
  • ランニングには向かない

 

それぞれもう少し具体的に言うと

音質について

音源は、SONY WALKMAN(ウォークマン)NW-A45です。

クリアな音質と言っても様々ですが、無機質で平板な音が綺麗に聴こえるというのでなく適度な量感があります。ただ曲が流れているというのでなく、Aメロ、Bメロ、サビそれぞれで表情がしっかり変わる印象です。

特にヴォーカルとギター、ドラムのハイハットなどは豊かな表現力で驚くような広がりがあり生々しさを感じます。曲の途中で差し込んでくるサックスやギターの音のなんかは圧巻です。ライブ音源も包み込まれる感覚で良いですね。

低域もそれぞれの音がしっかり聴こえます。とにかく全域に渡りクリアなのに豊かという表現がぴったりです。

で、ここからは好みの世界になりますが、バスドラムとベース音について、生々しさという観点で聴くと少し平板かもしれません。(しかし、それらを差し引いてもトータル的には圧巻ですが)

そうなんです、私が求めているのが生ライブを間近で聴いてるようなプレーヤー(演奏者)の躍動感と表現力です。つまり、バスドラやベースの主張もそこそこ欲しいのです。それが、私の好みなのです。

ちなみに、今は、JVCの重低音重視XXシリーズの2,000円台の有線イヤフォンです。音質については、MOMENTUM Freeが圧倒的ですが、XXもウォークマンのイコライザをカスタムすると充分心躍る好みの音になります。

ちなみに、MOMENTUM Freeについてもイコライザをカスタムしてみたのですが、音源の調節では殆ど左右されないイヤフォンのようです。

何だかんだ言いますが、詰まるところラーメンの有名店のようなもので、「美味しいけど、好みかと問われると、、、」という感じですね。

ランニングの使用について

右側にコントローラー、左側にバッテリーをぶら下げているせいか、走り出すと重みで全く保持できません。走る振動が伝わると秒で外れます。
ケーブルの長さを調整するスライダーも付いているのですが、ランニング使用については気持ちよくギブアップです。

MOMENTUM Free 製品仕様

  • 対応Bleutoothバージョン:Bluetooth 4.2
  • 周波数帯域:15Hz - 22000Hz
  • 形状:ダイナミック
  • 本体重量:40g
  • 対応コーデック:SBC, AAC, apt-X, apt-X LL
  • 充電および再生時間:1.5時間の充電で6時間の音楽再生
  • 付属品:USBチャージングケーブル、イヤーピース(XS・S・M・L)

Amazon限定モデルの通常モデルとの違いは、気付いた限りだと

  • イヤフォン本体のカラー ➤ ブラックがレッドに
  • スイッチの色 ➤ ブラックがレッドに
  • 梱包 ➤ 化粧箱がダンボール調の箱に

と、こんな感じです。

取扱説明 簡易バージョン

右耳側に垂れさがるコントローラーを使って操作します。

初めての電源オン

【 ● を4秒】 電源が入り、Bluetoothでのペアリングができる

通常の電源オンとオフ

【 ● を4秒】

曲の再生・停止

【 ● を1回押す】

音量のアップ・ダウン

【 + もしくは - を押す】

曲の送り・戻し

【 + もしくは - を1秒押す】

なお、イヤフォンでの通話もできるようですが、私は全く利用しないので今回は割愛させて頂きます。

まとめ

やはり、低音域の躍動感については妥協できなかったので、今度はオーディオテクニカのSOLID BASSシリーズ完全ワイヤレスモデル「ATH CKS5TW」購入してみようと思います。

しかし、こんな拘りが無ければ、このMOMENTUM Freeはかなり満足できる逸品だと思います。自信を持っておすすめできます。
「音楽=音を楽しむ」という観点では十分すぎ、音に浸れるイヤフォンです。

こちらも読まれてます