ヘルスケア

ランニング障害?長引く尻の痛み。目先を変えたストレッチをしたところ

ランニング中、お尻の奥の方が痛くなったことはありませんか?

かれこれ3か月前になるだろうか? 私もランニング中に左臀部が痛みだした。
筋肉痛かな?と思うような感覚。
調べると「梨状筋症候群」のようだ。そこで、ストレッチ、マッサージ、果ては整体まで行ったのだが1か月経っても2か月経っても一向に変化がない。

ある日、患部でなく別の部分にアプローチしている動画を見つけた。
フルマラソン出走まで1週間を切り、ワラにも縋る思いで5日間ほど試したところ、なんと、少しづつ痛みが薄れ、レースにも完走してしまった。
今回は、そんなお尻の痛みに効果的だった、たった一つのストレッチを紹介します。

痛みの感覚

お尻を押したり揉んだりしても、何故か痛点には触れません。
ランニングでの加速、そして登り坂でグっと力を入れると筋肉痛のような痛みがお尻の奥の方で走るのです。
基本的に走行中は一歩一歩が痛く、歩行時も時々痛みがある。

休息が一番とのことで2~3日休んでみたものの一向に痛みは治まらない。
しかもこの痛み、それ以上にも以下にもならず微妙な感じなのである。

ストレッチ

当初これらのストレッチを実践してみた。

 

 

ところが、どれも伸ばした感は出るが、翌日痛みがやわらぐとかは全くない。場合によっては余計痛くなったりした。

特に前屈は、患部に痺れるような鈍痛が走る。

 

余談ですが、「アリナミンEXプラス」のCMで流れているこの動き、これ、いい感じにお尻の筋肉が伸びますね

効果のあったストレッチとは?

本当に?と疑ってしまうような動きです。

まず、両ひざをつき上半身を床に近づけ腕を前方に伸ばします。

 

そして、痛い方の手のひらを上に向くように捻ります。背筋はまっすぐです。

 

この状態で、少しずつ胸を床に近づけると左の広背筋が伸びるのが分かると思います。
難しい場合は、お尻を後ろにずらすようにしてください。

 

続いて、その状態のまま、右手で左側の大胸筋をつかみます

そして、大胸筋から背中むけて、いわゆる広背筋の繋ぎ目あたりを右手でモミモミ揉むこと100回。

これを1日最低2回は行います。
たったこれだけです!

効果の出る根拠

広背筋は骨盤の後ろから始まり脇を通り、腕の付け根までくる大きな筋肉だそうです。


つまり、ここが固くなると、臀部の緊張も知らず知らずのうちに高まり筋肉が固くなり、可動域も狭まるようです。
そこで、広背筋を伸ばしながら揉み込むことで柔らかくし、連動している臀部の緊張も解くというのが理屈のようです。

まとめ

人間の身体は、様々なパーツが複雑に組み合わさり動作をします。痛みが発生するとどうしても患部に目が行きがちですが、そこと連動しているパーツに目を向けアプローチすることで改善の糸口があるという事を知りました。
朝晩1回ずつの実施で、完全とは言い難いですが、かなり楽になりました。

そして、人生初のレース参加。しかも、フルマラソン。出だしは痛みも感じず絶好調。アクアラインで写真を撮ったり余裕しゃくしゃく。
ところが、25㎞の看板を見たところで我を見失いました。尻の痛みなど全く気にならないくらい他の部分、膝や脛、ふくらはぎ、足裏が痛み出し、気力も限界ギリギリ。経験のなさからくる完全なる作戦ミス。息も絶え絶え何とかゴール。


「もう2度と走るもんか!」と直後は思ったけれど、まだやり様はありそうで今はリベンジに燃えてます(笑)

ナイキ オデッセイ リアクト。自然とスピードが上がる爽快感フルマラソン日本新の大迫傑選手を始め、2019年箱根駅伝では、23チーム230人の選手のうち、4割強の選手がナイキの厚底シューズを履くと...

 

こちらも読まれてます