サーフィン

サーフボード。初心者におすすめの長くて安い板はホントにおすすめなのか

「少し長めで浮力のある板がいいね」。サーフィンを始めたくてお店に行くと、こうアドバイスされます。そして、サーフボードにデッキパット、リーシュコード、挙句にワックスまでついた安価な「初心者セット」なるものを推奨されご購入。

そんな、初心者おすすめと思しき板を今回手に入れたので、果たしてほんとに初心者向けなのか検証してみました。

何故にこの板を?

私もそろそろ年齢と向き合うべく歳となり、パドルやテイクオフが早いミッドレングスという少し長めの板に興味が出てきました。しかし、長くしたことで「よっこらっしょ」感のでる乗り方は避けたいところです。

そこで、オーダーをする前に激安の長めの板を購入し、テイクオフの速さ、動きのフィーリングを実際に試してみようと思ったのです。

予算は、1万円。ヤフオク、ラクマ、メルカリで探していたらありましたよ!ラクマで。
サイズは6‘4’‘(193cm)、殺し文句は、「日焼けあります。テール、左右レール、ノーズにリペアは不要で浸水もない程度のキズがあります。FCSフィンはそのままつけます」とのことで早速ポチッ。

ところが、実物を見てがっかり。日焼けは写真より酷く、傷はリペアが必要。引き取りの際、そのままお返ししようと思ったのですが、そこは大人の対応。
まあ、こんなもんですよね(苦笑)

サーフボードデータ

6‘4× 20 1/4 × 2 1/2(長さ193㎝×幅51.44㎝×厚さ6.35㎝)

容積を計算すると約35L。
コンケーブは、シングルでテールに向けてダブル入り。

リペアが必要なキズは、良く見るとなんと9ヵ所。仕方なしにペーパーを掛けソーラーレジンでちょちょとリペア、付属のフィンもガリガリだったので、手持ちのフィンに交換しなんとか準備完了。

実はこの板、どうやらブランドのステッカーを剥がしたようで、裏も表も「SC」の文字が日焼けでくっきり。どこの板かと検索してもなかなかヒットしなかったのですが、ありました。ショップオリジナルの初心者向け3点セット。かなり、昔に販売されたようです。

傷だらけな割に、フットマークは皆無なので、板本来の仕事をせぬまま多くの人のところを渡り歩いたと想像できます(笑)

ちなみに、私は、身長180㎝、体重70㎏。メインボードは、写真奥で

6’1× 19 3/4 × 2 3/8(長さ185㎝×幅50.17㎝×厚さ6.03㎝)で容積が大体31Lくらい

13㎝長くなり、4Lの容積アップなので、比較にはちょうどいい感じです。

パドリング

たまーのセットは腰前後のフェイスありながらもだらだら波での進水式。
パドルをすると浮力は、思ってたほど感じません。ところがどうもバランスが悪い。
どこが?と言うと今ひとつ不明なのですが、気を入れないとやや左右にぶれます。そのせいか初速が重くなかなかスピードに乗りません。
マイボードは、意識しなくても普通に安定感があるので、いかにその意識をさぼってたかという事にもなりますが。

ドルフィンは、ポイントノーズ気味なのでいつもと変わらない感じです。

テイクオフ

波が来た時の取り回しは若干鈍さを感じますが、自分の中では問題ないレベル。初心者だと結構辛いかもしれません。
そういえば、カエルのように両手両足を広げ、一生懸命方向転換をしてる人を見かけますがこういう事だったのですね。

そして、パドル開始。
うねりに押されるとスーッと滑り出す。いつものマイナス2こぎくらいでしょうか。このあたりは、流石です。早い滑り出しのため、余裕があり立ち上がる前の視野がとても広いです。

そして、波のトップから前荷重でノーズをボトムに向けると、グーっと爽快に加速。アップスンのスピード感は逸品でした。

カットバック

スピードに乗ったところで、ターンの準備。いつものように重心移動を始めたと同時に、何と失速開始。強引なるターンを終えるころにはほぼ0㎞状態。まあ、私の下手さが露呈されたわけですが、それにしてもスムーズに曲がろうとしない板です。

何回かチャレンジしたのですが、直進スピードは間違いなくでるものの、長さが影響してるわけではない曲がらなさがあります。スムーズに次の動作に繋がらないというと分かり易いでしょうか。

まとめ

テイクオフの速さと立ち上がってからの直進スピードは流石なものです。そこは、初心者には向いていると思います。
ところがパドルや沖での取り回しがままならない場合は、バランスを掴む練習という観点ではありですが、進歩を感じるには相当時間が掛かりそうです。その前に、モチベーションが下がる可能性は極めて高く、なんとか、ステップアップしたとしても、次のステップで行き詰る、つまり、波打ち際で迫りくるスープに乗り立ち上がるまでの行為に特化した板と言っても過言ではないかもしれません。
テイクオフこそ速いものの、それ以外においては結構難易度が高く、初心者向きとは一概に言えない感じです。となると、新品で6~7万と安価とは言えども、少々勿体ない。

結論からすると、同スペックでジャンクに毛が生えた程度の中古を探し、ちょっとやってみて、嵌るようであれば、経験値の高いシェイパーさんにオーダーで作ってもらう方が、板に対する愛着もわくし上達も早いような気がします。

ところで、私にとっては6’4というサイズ、全く違和感がありませんでした。

むしろ、テイクオフの速さには感激したくらいです。なので、このサイズできちっとハンドシェイプをしてもらったら、間違いなく楽しめる板が出来上がるだろうと確信しました。

とにかく、50歳も過ぎると、時間がありません。この辺で、パドルが楽でテイクオフが早く、とにかくたくさんの波に乗れるマジックボードに出会いたいところです。

こちらも読まれてます