メンテナンス

インターロッキングDIY。素人が外構工事をやった結果。。。~②基礎工事編~

覚悟を決めて始めた外構工事も2日目に突入! 第2弾は、基礎工事編です。
雨がようやく上がりましたが、まだ地盤は湿ってます。今日は土掘りから開始です。

木材通路撤去

木材は、じっとりと湿って、場所によっては腐ってボロボロ状態。私の自治体は可燃用ごみ袋に入れれば回収をしてくれるので、40㎝前後に丸鋸でカット。それでも45ℓ袋5袋となった。

草むしりも完了しさっぱりしました。

インターロッキングDIY。素人が外構工事をやった結果。。。~①準備編~素人の私が、インターロッキングのDIYに挑戦。数々の失敗を繰り返す珍工事。今回は、第一弾の準備編です。...

掘削作業

路盤材3cm厚+砂2㎝厚+インターロッキング6㎝で合わせて11㎝ほど掘り返します。ユンボがあれば便利ですが、当然手作業です。

大まかな位置を出し、どんどん掘り進めます。
4,000円程度で買える「ネコ」と呼ばれる手押し車があれば便利なのですが、今後使い道があるわけでもなく、保管場所にも往生しそうなので、渋々画像奥までスコップに乗せピストン輸送です。一体何往復したのやら、、、

路盤材敷設

本来の順序とは違うかもですが、ここで路盤材投入です。3cm厚で敷き詰め、角材で転圧します。

プレートコンパクター(転圧機)などがあるといいのですが、近場でレンタルは無さそうなのでひたすら人力。この作業が仕上がりの決め手らしいので時間を掛けました。
ところが、そうこうしてるうちに、またしても激しい雨。結局、本日の作業はここで一旦終了。

3日目、雨が上がり早朝から、杵で餅つくウサギの如く地盤を突きまくります。

すると、ここで一発目の失敗!

地盤が緩かったのか、なんと全体的に2cm強沈み込んでしまったのです。
そして、特にぬかるんでた箇所は、転圧したことで、ぷにゅぷにゅになってしまった。子供の頃、水分を一杯含んだ土で泥団子を作った時のことを思い出しました。
雨が降っている場合は、なるべく土いじりをしないのが鉄則のようですが、無知って怖いですね。。。
※実は、このあと、路盤材を7袋も追加購入してしまった。

地べたを乾燥させるため、転圧は一旦放置し、境目ブロックを施工します。

画像左側のブロックを左端とし、インターロッキングを敷き詰め、右端にコンクリートブロックを一列に並べモルタルで固定し土との境目を作ろうと思います。

杭打ち

掘削箇所の外側(左はブロック沿いに)に杭を打ちます。4隅の4か所だけにしようと思ったのですが、水平を出すために使う透明チューブが、2m程度なので間に2本ほど仮打ちしました。

水盛り

さて、ここからが神経を使う作業です。水平を出します。

透明のチューブに水を入れ片方の杭に固定します。今回は、養生テープで固定です。そして、反対側はもう一方の杭へ。すると、両方の水面が水平位置となります。

重力の関係(サイフォンの原理)から両端が同じ高さを維持する。

ここで印をつけます。ホースの水をこぼさぬよう、杭を渡り歩き一番奥の杭にも印をつけます。

水貫板

次に境目ブロックの上端位置を決めます。
先ほど付けた印から○○cm下げたところ、ここを水貫板の下端になるよう釘で留めます。

水糸張り

左端のブロックからの距離、境目ブロックの敷く位置、そしてブロックの高さの基準が全て作れます。画像では見えませんが、水糸が左右にズレぬよう鋸で板に軽く切れ目を入れてます。

境目レンガのモルタル施工

今回は、ドライモルタルを使用。と言っても初体験です。

【ドライモルタル】
既にセメント1:砂3の割合で混ぜ合わさったモルタル。水を加え練ることで使用可能。ドライモルタル25㎏に水3.5~4ℓ使う。

モルタルを練るのに左官用品の「トロ船」という容器を使うと便利のようだが、恐らく1回きりの使用になりそうなのでわざわざ買わず、段ボール紙の上で混ぜることにしました。混ぜ合わせる水についてもわざわざ量らず、塩梅を見ながら練り具合の調整をしました。

水糸の位置に合わせ、水平器で前後左右のバランスを確認します。ゴムハンマーでトントン叩きながら微調整。これ、結構楽しい作業でした。

さて、そんなわけで本日の作業はこれにて終了。

いよいよ、メインイベントである、インターロッキングブロックの敷設となります。

インターロッキングDIY。素人が外構工事をやった結果。。。~③敷設工事編~第3弾。いよいよメインイベントのインターロッキング敷設。ところが、ここでも大きなミスを2つ。結果、何とも冴えない仕上がりですが、一先ず完成です。...

こちらも読まれてます